自分のための備忘録的なブログです。

Ubuntu14.04LTS を使って、ディープラーニングの勉強をしています。
記載されているコードは、他の OS には互換性がない可能性があります。


DNN:
マシン性能別 学習速度の比較, TFチュートリアルをmodifyする
python3:
オブジェクト指向プログラミングとは, システムコマンド(os), ファイル・フォルダ名取得, 画像の前処理,
R lang:
R基本コマンド, Rデータ形式, RStudio文字化け(os), RStudio背景黒,
Ubuntu14 の初期設定:
Ubuntu14初期設定, 初期設定-2, cudaなども, 初期設定-3

ヒストグラム比較に使ったコード

うろ覚え

 

 

 

 

import numpy as np
import matplotlib.pyplot as plt
import argparse

 

parser= argparse.ArgumentParser()
parser.add_argument("-infile", nargs = 1)

 

try:
    decoded = args.infile[0]
except:
    decoded = "保存ファイル.npy"

 

a = numpy.load(decoded)
b = numpy.load("ほにゃらら.npy")

 

a = np.reshape(a, [a.shape[0] * a.shape[1] * a.shape[2])
b = np.reshape(b, [b.shape[0] * b.shape[1] * b.shape[2])

 

fig = plt.figure()
ax = fig.add_subplot(1,1,1)
ax.hist(a, bins=256, normed=True, color='red', alpha=0.5)
ax.hist(b, bins=256, normed=True, color='gray',alpha=0.5)
fig.savefig("1.png")

# 表示して見て確認したいなら fig.show()


fig = plt.figure()
ax = fig.add_subplot(1,1,1)
ax.hist(a, bins=256, normed=True, color='red', alpha=0.5)
ax.hist(b, bins=256, normed=True, color='gray',alpha=0.5)
ax.set_xlim(0, 80)
ax.set_ylim(0, 0.1)
fig.show("2.png")


fig = plt.figure()
ax = fig.add_subplot(1,1,1)
ax.hist(a, bins=256, normed=True, color='red', alpha=0.5)
ax.hist(b, bins=256, normed=True, color='gray',alpha=0.5)
ax.set_xlim(40, 200)
ax.set_ylim(0, 0.02)
fig.show("3.png")

 

参考

qiita.com

 

 

python xxx.py -infile yyy

 

見たいにファイル名を指定して実行できる。

はずだけど、できなかった。。。

 

精進が足りない。。。

 

対話的に使えばファイル名を指定できるから、まぁいいや。