自分のための備忘録的なブログです。

Ubuntu14.04LTS および Win10 を使って、ディープラーニングの勉強をしています。記載されているコードは、他の OS には互換性がない可能性があります。


DNN:
マシン性能別 学習速度の比較, TFチュートリアルをmodifyする

python3:
オブジェクト指向プログラミングとは, モジュールとインポート、パスを通す, システムコマンド(os), ファイル・フォルダ名取得, 画像の前処理,

Ubuntu14 の初期設定:
Ubuntu14初期設定, 初期設定-2, cudaなども, 初期設定-3

Ubuntu14.04初期設定

またトラブって10回くらい再インストールした(してる)ので、自分のためのコピペまとめ。

つらいぜ・・・ 

いつも

Ubuntu 14.04 LTSをインストールした直後に行う設定 & インストールするソフト

を参考にしてたのだけど、

その中でも自分がいつも使うものを pick up にて modify 

 

何はなくとも

google-chrome-stable

をインストール。

 

ソフトウェアセンターからインストールする

gufw
clamtk
psensor
unity tweak tool

 

以下、ターミナルにコピペ

ドラッグアンドドロップでOK

# 最初

sudo ls

# で、sudo権限を承認しておくと楽。

 

# アップデート

sudo apt-get -y update && sudo apt-get -y upgrade

 

# スクロールバーを元に戻す
gsettings set com.canonical.desktop.interface scrollbar-mode normal

# フォルダーを英語表記に戻す
env LANGUAGE=C LC_MESSAGES=C xdg-user-dirs-gtk-update

# ゲストセッションを無効化する 
sudo sh -c 'printf "[SeatDefaults]\nallow-guest=false\n" >/usr/share/lightdm/lightdm.conf.d/50-no-guest.conf'

# 日本語リポジトリの追加
wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja-archive-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-jp-ppa-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
sudo wget https://www.ubuntulinux.jp/sources.list.d/trusty.list -O /etc/apt/sources.list.d/ubuntu-ja.list
sudo apt-get update
sudo apt-get install ubuntu-defaults-ja

# fcitxパッケージのインストール(これは日本語リポジトリでインストールされるみたいなので、しなくて良いのかも。)
sudo apt-get install fcitx fcitx-mozc fcitx-libs-qt5 fcitx-frontend-qt5

# ここでfcitxの設定。
# dash-fcitxセットアップヘルパー で、fcitxを通常使う日本語入力システムに
# 「ok」をクリックするだけ
# システム設定を開き、言語サポートをインストー
# dash-fcitx設定 で、入力メソッドのオンオフ に、お好みの設定を追加。

 

# exfat利用

sudo apt-add-repository ppa:relan/exfat

sudo apt-get update

# ここで公開鍵を利用できないエラーが出るので、修正

sudo apt-key adv --keyserver keyserver.ubuntu.com --recv-keys #ここに公開鍵番号#

sudo apt-get update

sudo apt-get install exfat-fuse exfat-utils

 

ホームページからそれぞれダウンロード

afni, freesurfer, FSL,

  http://pmonty.hatenablog.com/entry/2017/03/06/160848

 

 

cuda

cudnn

 

Rstudio

git

Anaconda

 tensorflow

 chainer

atom

 

tf のモデル (GoogLe net など)のダウンロード元

https://github.com/tensorflow/models