自分のための備忘録的なブログです。

Ubuntu14.04LTS および Win10 を使って、ディープラーニングの勉強をしています。記載されているコードは、他の OS には互換性がない可能性があります。


DNN:
マシン性能別 学習速度の比較, TFチュートリアルをmodifyする

python3:
オブジェクト指向プログラミングとは, モジュールとインポート、パスを通す, システムコマンド(os), ファイル・フォルダ名取得, 画像の前処理,

Ubuntu14 の初期設定:
Ubuntu14初期設定, 初期設定-2, cudaなども, 初期設定-3

SSD換装で Bash on Win10 に苦しむ。勝手に同期するWin10、tcsh 使えません問題

Win10 で FSL や freesurfer が動くと聞き。

 

Win10 laptop を買うことに決めた。

Windows 10でFSLをネイティブ環境で起動する方法

 

機種は

 Thinkpad T460

Amazon.com: Lenovo ThinkPad T460

 日本では普通には買えない。

 アメリカで買って、転送サービスを利用するなど、手に入れるのは結構面倒。

 

14 inch以上、バッテリー交換可、SATA3-HDD、reasonable な値段 など、選んでいったら自然とこれに。

 

1.7kg はこれまで使っていた PC(1.2kg)よりはるかに重いが、体感はそうでもない。液晶の美しさ、キーボードの打ち心地、トラックポインタなど、満足のいく機種。しかし後述のようなトラブルに遭遇。

 

 

遡ること数週間…

 

Core i7 6600U

RAM 4GB

HDD 500G

 

「自分で換装がんばろう仕様」にて注文。

 

しばらくして到着!!

 

とりあえずの MS Office 2016, Matlab, SPM, SPSS, Anaconda, R などをインストール

Insider Preview 登録、Bashインストール!!

 

Bash が起動!!(感動!!)

 

FSL、Freesurferのインストールには成功。

(FSLviewは立ち上がらなかったけどな!)

 

500G HDD を SSHD に換装。

しかし、ものすごく遅い!

タスクマネージャーを見ると、常時 80-100% に張り付いている。

 

 

以前、Win 7 に SSHD を入れてみた。

 すごく速く、スピードは体感 SSD と同程度。

 SSHD に期待していたのだけれど、この速度には耐えられそうにない。

 

 

仕方なく、1TB SSD を 以前のPC から外して

EaseUS To Do Backup Free で SSD にクローン。

換装。

 

すると・・・

 

日本語化したはずの Bash が文字化け!!

FSL、Freesurfer が立ち上がらない!!!

なぜ!?

 

SSHD を挿して起動すると、問題なく立ち上がるし、文字化けもない。

SSD へのクローンで問題が?

 

念のため SSHDSSD へのクローンをやり直してみる。

 (EaseUS To Do Backup Free )

エラーが出てクローンできない。

 (前回はなぜ、クローンできたのだろう??)

 

再確認。

SSD に入れ替え。

 

Bash アンインストールと再インストールを試す。

Bash on Ubuntu on Windows の再インストール手順 | COMPNET

無事 FSL, Freesurfer のインストール・起動に成功。

今回は FSLview も起動する。

OK

でもなんで、SSHD の時には FSLview が起動しなかったのだろう?

 

しかし AFNI は一部パッケージがインストールできていない。

インストールスクリプトtcsh

lxss は  tcsh に変更できないらしく、インストールでエラーを吐いていた。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[Win], cmd, [Enter]。

コマンドプロンプトを立ち上げる。

 

>bash

$ cat /etc/shells

バッシュ起動して、シェルを見てみるか・・・

 

 # /etc/shells: valid login shells
/bin/sh
/bin/dash
/bin/bash
/bin/rbash
/usr/bin/tmux
/usr/bin/screen
/bin/tcsh
/usr/bin/tcsh

おーけーおーけー。ちゃんと tcsh, 入ってる。

 

$ chsh -s usr/bin/tcsh

$ echo $SHELL

シェルを変更して。現在のシェルはどうなってるかな・・・

 

/bin/bash

 

... Oh No!!

 

 

SSHD に変更。

こちらも一部パッケージがインストールされていない。

しかし SSD よりはマシ。

(インストールされてないパッケージは少ない)

やっぱり FSLview は起動できない。

SSDでは起動するのに)

 

同じコマンド(コピペ)でインストールしたはずなのに。。。

なんでこうなるんだ・・・

 

ヒューマンエラー(自分のミス)が一番考えやすいけど、

コピペでこんな違いがでるのか? 

 

 

相性問題?

 T460 の初期 HDD: Seagate

 T460 の初期 SSD: Samsung http://imgur.com/a/zYB8e

 

 換装した SSHD: Seagate

 換装した SSD: Sandisk

 

・・・

今回のことは、何が問題だったのか分からない。

大方解決したが、また起きる可能性がある。

 

使っていて

 Windows10 の挙動がよくわからない。

 

具体的には

1.

 Win10 Pro 日本語化: 購入時、Win10 は英語版。日本語パッケージをインストール、日本語化。したはずが、何故か英語のまま → しばらく使っているうちに、いつの間にか日本語になっている!

 

2.

 Win10 の font が汚い問題: 見やすいフォントに変更するため、定評のある「Meiryo UI だって大っ嫌い」を導入。しかしフォントが変わらない。これもしばらく使っているうちに、いつの間にか見やすいフォントに変わる。

 

3.

 SSD 使用時に PC へのログインパスワードを変更。SSD が調子悪くなり、SSHD に戻してみると、ログインパスワードは以前のまま(当然)。使ってるうちに、「MSパスワードを入力せよ」のポップアップが出現。入力すると、PC のログインパスワードも変わる。

 マイクロソフトと接続して、PCのパスワードが変更されたみたい。

 

 

 Win10 は、マイクロソフトとズブズブ("シームレス" とも言う)に情報をやり取りしてる OS と今更ながら実感。最近は Baidu のような中華アプリ、BLU のような中華フォンの情報抜き取りが問題になっている。しかし、ウィキリークスにもある通り、アメリカ様だって同じようなもの。

 気にするなら、テロ容疑者の個人情報すら守った Apple か、個人で強く生きていく Linux を選ぶ他ないだろう。